ホーム > 出版物のご案内 > 月刊誌『都市問題』最新号のご紹介
出版物のご案内
おすすめの本
ご注文について
月刊誌『都市問題』
バックナンバー
定期購読のお申し込み
投稿論文の規定
「都市問題」公開講座ブックレット
都市調査報告
都市問題研究叢書
単発刊行物
後藤新平生誕150周年記念関連
創立記念出版物
図書・雑誌論文検索(OPAC)
デジタルアーカイブス
東日本大震災の情報
お買い物かごを見る
出版物のご案内

月刊誌『都市問題』とは

本財団の機関誌『都市問題』(創刊1925年・月刊)は、地方自治や広く都市にかかわる問題を特集して、社会に問題を提起し、議論の場を提供しています。タイムリーなテーマを扱う特集1と、じっくりと問題を掘り下げる特集2を中心とする構成で、学問とジャーナリズムが共存する稀有な月刊誌として、専門家から高い評価を得ています。

毎月1日発行
定価 1部:771円(本体価格714円)
雑誌コード:06677 B5判

月刊誌『都市問題』最新号のご紹介

月刊誌『都市問題』
第 108 巻 第 7 号 / 2017年07月号

月刊都市問題 2017年07月号 表紙

最新号

特集1 : 障害者とともにある社会へ

特集2 : 「多死社会」を見据えて

 

内 容

2017.07  第 108 巻  第 7 号

巻頭言 日本のアール・ブリュットと10年の変化
執筆者 田端 一恵
タバタ カズエ
役職 社会福祉法人グロー(GLOW) 企画事業部副部長

2017.07  第 108 巻  第 7 号

論文 転換期にある障害者福祉
著者 野澤 和弘
ノザワ カズヒロ
役職 毎日新聞論説委員
特集名 障害者とともにある社会へ

2017.07  第 108 巻  第 7 号

論文 障害者差別解消法における行政、事業者の役割と取組み状況
著者 又村 あおい
マタムラ アオイ
役職 全国手をつなぐ育成会連合会政策センター委員、内閣府障害者差別解消法アドバイザー
特集名 障害者とともにある社会へ

2017.07  第 108 巻  第 7 号

論文 障害者差別解消法による「合理的配慮」が特別支援教育にもたらす効果
著者 柘植 雅義
ツゲ マサヨシ
役職 筑波大学 知的・発達・行動障害学分野教授、内閣府障害者政策委員会委員
特集名 障害者とともにある社会へ

2017.07  第 108 巻  第 7 号

論文 相模原事件が投げかけたもの――事件から1年を前に
著者 原 昌平
ハラ ショウヘイ
役職 読売新聞大阪本社編集委員、精神保健福祉士
特集名 障害者とともにある社会へ

2017.07  第 108 巻  第 7 号

論文 障害者虐待を考える――福祉施設における“ガバナンス”の視点を通して
著者 松上 利男
マツガミ トシオ
役職 社会福祉法人北摂杉の子会理事長
特集名 障害者とともにある社会へ

2017.07  第 108 巻  第 7 号

論文 社会福祉法人ゆうゆうの取り組み――障害者とともに「地域の風景をつくる」
著者 大原 裕介
オオハラ ユウスケ
役職 社会福祉法人ゆうゆう理事長
特集名 障害者とともにある社会へ

2017.07  第 108 巻  第 7 号

論文 障害者が「地域で暮らしていく」ということ――オレンジホームケアクリニックの在宅医療
著者 紅谷 浩之
ベニヤ ヒロユキ
役職 オレンジホームケアクリニック代表
特集名 障害者とともにある社会へ

2017.07  第 108 巻  第 7 号

論文 多死社会の到来――その動向と背景
著者 金子 隆一
カネコ リュウイチ
役職 国立社会保障・人口問題研究所副所長
特集名 「多死社会」を見据えて

2017.07  第 108 巻  第 7 号

論文 地域での看取り体制をどう作るのか
著者 山路 憲夫
ヤマジ ノリオ
役職 白梅学園大学名誉教授、小平学・まちづくり研究所長
特集名 「多死社会」を見据えて

2017.07  第 108 巻  第 7 号

論文 孤独死・無縁死にどう向き合うか――求められる「死の社会化」
著者 結城 康博
ユウキ ヤスヒロ
役職 淑徳大学総合福祉学部教授
特集名 「多死社会」を見据えて

2017.07  第 108 巻  第 7 号

論文 多死社会化における過疎高齢者と地域社会――関係性の切断と回復の視点から
著者 高野 和良
タカノ カズヨシ
役職 九州大学大学院教授
特集名 「多死社会」を見据えて

2017.07  第 108 巻  第 7 号

論文 葬儀場等の立地に対する自治体の対応――背景・実態と課題
著者 有田 智一
アリタ トモカズ
役職 筑波大学システム情報系社会工学域教授
特集名 「多死社会」を見据えて

2017.07  第 108 巻  第 7 号

研究報告論文 2016年度調査研究・中間報告 徳島県那賀町における「自治」の諸相(1)――地域と住民のすがた
氏名 川手 摂/小石川 裕介
カワテ ショウ/コイシカワ ユウスケ
役職 後藤・安田記念東京都市研究所主任研究員/後藤・安田記念東京都市研究所研究員

2017.07  第 108 巻  第 7 号

書評 齋藤純一著『不平等を考える―政治理論入門』 
書評者 倉地 真太郎
クラチ シンタロウ
役職 後藤・安田記念東京都市研究所研究員

その他

新刊紹介 『物流大激突』/『難民鎖国ニッポンのゆくえ』/『アルカイダから古文書を守った図書館員』

特集1 : 障害者とともにある社会へ

2016 年4 月、障害者差別解消法が施行された。同法では、「不当な差別的取扱いの禁止」「合理的配慮の提供」が規定され、行政と事業者には必要な措置が求められているが、どのような変化や課題が生じているのだろうか。また同年7 月には、相模原市の知的障害者福祉施設において入所者19 人が殺害されるという事件が発生した。大きな衝撃をもたらしたこの事件は、社会に何を問いかけているのか。事件から1 年というこの節目に、障害者をとりまく現状や課題について、さまざまな視点から考える。

特集2 : 「多死社会」を見据えて

超高齢化の進むわが国だが、誰もがやがては死を迎える。2000 年に約96 万人であった死亡者数が、2016 年には130 万人を超え、2040 年にピークとなることが予測される。家族形態の変容によって独り暮らしの高齢者も多く、すでに年間3 万人の孤独死が報告されている。人はどこで、どのような最期を迎えるのか。そして誰が看取り、おくるのか。市民社会、自治体による対応の現況と課題について検討する。