ホーム > 市政専門図書館 > 複写サービス
市政専門図書館
市政専門図書館とは
ご利用方法
複写サービス
蔵書について
文献目録・文書目録
所在地
お問い合わせ
ニュースレター
図書・雑誌論文検索(OPAC)
デジタルアーカイブス
東日本大震災の情報
東京資料サーチ 東京関係資料の横断検索
専門図書館横断検索

゙複写サービス

゙郵送複写サービスお申し込み

【複写受付時間】 9:30〜16:30
著作権法にもとづき個人の調査・研究に限り行っています。
コピー機は2台あります。(コイン式コピー機と上向きコピー機)
料金は、利用者ご本人がコピ-をする場合と、図書館職員に依頼する場合に分かれます。

サービス内容

コピー機の種類 コイン式コピー機
(ミスコピーも料金に含みます)
上向きコピー機
(ミスコピーは料金に含みません)
資料の区別 昭和31年以降に発行された資料
ただし、上向複写で行う右欄資料は除きます
1.昭和30年以前に発行された資料
2.昭和31年以降に発行された以下の資料
 ア) 本の厚さが約8cm以上のもの
 イ) 綴じ目(のど)の余白が約1cm以下のもの
 ウ) ガリ版刷りや紙質が劣化しているもの
 エ) 本の綴じが緩んでいるもの
複写料金
(1枚)
利用者ご本人がコピ-をする場合  白黒・10円  カラー・30円
  図書館職員に依頼する場合(上向きのみ)
白黒・30円  カラー・50円
複写申込方法 1.「複写申込票」に複写希望資料や複写ページを記入してください。
2.図書館職員に複写を依頼する場合は、複写するページ(連続する場合は最初と最後)にしおりを挟んでください。
3.「複写申込票」と資料を受付に提出してください。職員が下記の確認を行います。
 ア)著作権法の複写の範囲内であるか
 イ)資料の区別がコイン式コピー機か上向きコピー機であるか
4.ご自身で、コイン式コピー機にコインを入れて複写を行ってください。
5.複写終了後、受付に資料と複写物を提出してください。「複写申込票」と複写物の確認を行ないます。
4.ご希望があれば、職員が複写をします。
5.その場合、複写終了後、名前をお呼びしますので、受付で料金を支払い、複写物を受け取ってください。
拡大・縮小 できます。 用紙サイズ(A3、A4)に対応して拡大・縮小されます。
複写範囲 本館の資料を著作権法の範囲内での複写を行います。
1. 図書は本文の半分以下です。
2. 雑誌の最新号は複写できません。
3. バックナンバーの個々の論文は全文が複写できます。 ただし、1冊の半分以下です。
注意事項 1. 1回に受付ける複写は、 50枚までです。 一日の総量制限はありません。
2.破損が激しい資料は複写を行いません。
3.本財団刊行の図書・雑誌は刊行後1年までは複写を行いません。

複写製品の郵送サービスについて

複写申込方法 OPACなどで本館の蔵書をご確認のうえ、資料を特定して複写希望ページなど(図書 : 章や節 雑誌 : 論文名、著者名)が記入されたもののみを受付けいたします(下記記入例をご参照ください)。 複写箇所が特定されていないお申込みは、お受けできません。
なお、希望される方には、資料の目次のコピーをお送りいたします。
その際、送付方法はFAXか郵送(送料無料)となりますので、どちらかをご指定ください。
料金 1.複写料金は、白黒1枚30円、カラー1枚50円です。発送方法は、原則、『レターパックライト』を使用します。1パック(A4/厚さ3cm以内)、360円です。ただし、複写サイズや分量によっては、ヤマト運輸の宅急便を使用いたします。
2.お支払いは、郵便振替でお願いします。振替手数料は、ご負担ください。
複写範囲 上記館内複写サービスをご覧ください。
注意事項 1. 複写した箇所がご希望と違っていた場合は、とり直して発送いたします (この場合、複写料金と送料は無料です)
2. 拡大・縮小複写は、行なっておりません。
3. ファックスでは、受付しません。
4. お申込からお手元に複写製品が届くまでに1週間かかります。混んでいるときや資料の状態によっては、2〜3日延びることもあります。
記入例 図書番号 :OA-5773
書名(年次) 雑誌名(巻号・年月) :大都市のあゆみ
複写希望範囲 (図書:頁、章、節など 雑誌:頁、論文名、執筆者名など) :P8〜42 第1章 指定都市制度の成立と展開

※この申込による著作権に関する一切の責任は、申込者が負います。

゙郵送複写サービスお申し込み