ホーム > 書籍販売 > 創立記念出版物 > 目次
書籍販売
おすすめの本
ご注文について
月刊誌『都市問題』
バックナンバー
定期購読のお申し込み
投稿論文の規定
「都市問題」公開講座ブックレット
都市調査報告
都市問題研究叢書
単発刊行物
後藤新平生誕150周年記念関連
創立記念出版物
図書・雑誌論文検索(OPAC)
デジタルアーカイブス
東日本大震災の情報
お買い物かごを見る
書籍販売

雑誌『都市問題』にみる都市問題1925-1945

 
雑誌『都市問題』にみる都市問題1925-1945

公益財団法人後藤・安田記念東京都市研究所 90周年記念
※本書のお求めはお近くの書店または岩波書店へお願いします。
※本財団では販売しておりません。

2010年11月5日,A5判,308頁,定価4,536円(税込)/本体4,200円

ISBN978-4-00-023037-7

発行所:株式会社岩波書店

 

目次 
はじめに 新藤宗幸
I 『都市問題』にみる都市問題・概観  松本克夫/著
 1『都市問題』が目指したもの
 2『都市問題』を担った人物群像
 3 編集の特徴
 4 主題と論調の変遷
II 地方自治と地方制度改革  新藤宗幸/著
 1『都市問題』における論調の変遷
 2 東京市政の「腐敗」と市政浄化
 3 普通選挙と市政
 4 翼賛政治体制の進行
 5 おわりに
III 東京市の人事行政――その実態と改革論  川手 摂/著
 1 市制、市制特例と人事行政
 2『都市問題』以前の東京市の人事行政
 3『都市問題』創刊後の東京市の人事行政
 4 1930年代中盤以降の東京市の人事行政と『都市問題』『市政研究』
 5 総括
IV 地方財政――両税委譲論の隆盛と挫折  高端正幸/著
 1 日本地方財政にとっての1920年代・30年代
 2 1920年代における地方財政問題
 3 両税委譲問題の展開
 4『都市問題』にみる両税委譲論
 5 1930年代初期――情勢の変化と財政調整制度案の登場
 6 独立税主義への税収分与の加味(1931?33年の『都市問題』)
 7 両税委譲論・財政調整制度論の戦時税制への解消
 8 おわりに
V 公益事業をめぐる相剋と公益企業法案  魚住弘久/著
 1 はじめに
 2 公益事業をめぐる諸問題とその相剋
 3 公益企業法案とそのインパクト
 4 結びにかえて
VI 都市計画事業――財源、土地区画整理、「不燃焼都市」  田中暁子/著
 1『都市問題』で取り上げられた都市計画に係るテーマ
 2 都市計画事業の財源問題
 3 土地区画整理
 4「不燃焼都市」建設
 5 おわりに
VII 公衆衛生――母子保健、塵芥屎尿処理、結核  五石敬路/著
 1 公衆衛生をめぐる議論とその背景
 2『都市問題』の特徴
 3 母子保健――乳幼児死亡率の低減に向けて
 4 塵芥屎尿処理――都市化の転換点に生じた矛盾
 5 結核――絶対的に不足する施設数
 6 公衆衛生行政について――保健所の設置に向けて
VIII 戦時体制下の市民生活と町内会  魚住弘久/著
 1 はじめに
 2 町内会に対する3つの問題関心
 3 町内会整備をめぐる問題点と「町内会に関する研究要綱」
 4「町内会に関する研究要綱」以後の動き
 5 結びにかえて
IX 都市経営論――池田宏と関一を中心に  青山彰久/著
 1『都市問題』の都市経営論
 2 池田宏と関一、とその時代
 3 都市の機能を計画する――都市計画の誕生と「八億円計画」
 4 都市の自立を求めて――都市制度の改革
 5 賢人主義――都市の政治と住民
 6 何を学ぶのか
おわりに 松本克夫