ホーム > 書籍販売 > 単発刊行物 > 目次
書籍販売
おすすめの本
ご注文について
月刊誌『都市問題』
バックナンバー
定期購読のお申し込み
投稿論文の規定
「都市問題」公開講座ブックレット
都市調査報告
都市問題研究叢書
単発刊行物
後藤新平生誕150周年記念関連
創立記念出版物
図書・雑誌論文検索(OPAC)
デジタルアーカイブス
東日本大震災の情報
お買い物かごを見る
書籍販売

メトロポリスの都市交通

 
メトロポリスの都市交通

1999年3月31日,A5判,269頁,定価4,104円(税込)/本体3,800円

ISBN4-535-58254-8

発行所:株式会社日本評論社

 

<目次>

 まえがき
 執筆者等一覧
 謝 辞
 四都市比較にあたっての基本指標

第1章 序 論

  1.1 調査内容

  1.2 四大都市圏のゾーン区分

  1.3 四大都市の概要
    1.3.1 ロンドン
    1.3.2 ニューヨーク
    1.3.3 パ リ
    1.3.4 東 京

第2章 交通に関する制度的枠組み

  2.1 ロンドン
    2.1.1 国レベルでの制度的枠組み
    2.1.2 交通計画にたずさわる国の諸機関
    2.1.3 交通計画にたずさわる大都市圏レベルの組織
    2.1.4 大ロンドン地域における交通計画組織
    2.1.5 交通整備・規制にたずさわる組織
    2.1.6 利用しやすい交通の整備
    2.1.7 交通計画のプロセス
    2.1.8 土地利用計画の影響
    2.1.9 交通の財源

  2.2 ニューヨーク
    2.2.1 国レベルでの制度的枠組み
    2.2.2 交通計画にたずさわる国の諸機関
    2.2.3 大都市圏で交通計画・運行にたずさわる組織
     2.2.3.1 ニューヨーク州における組織
     2.2.3.2 ニュージャージー州における組織
     2.2.3.3 コネチカット州における組織
     2.2.3.4 大都市圏レベルの組織
     2.2.3.5 交通にたずさわる非政府系組織
    2.2.4 利用しやすい交通の整備
    2.2.5 交通計画のプロセス
    2.2.6 土地利用計画の影響
    2.2.7 交通の財源

  2.3 パ リ
    2.3.1 国レベルでの制度的枠組み
    2.3.2 交通計画にたずさわる国の諸機関
    2.3.3 交通計画にたずさわる地域レベルの組織
    2.3.4 交通整備・規制にたずさわる組織
    2.3.5 利用しやすい交通の整備
    2.3.6 交通計画のプロセス
    2.3.7 交通の財源

  2.4 東 京
    2.4.1 国レベルでの制度的枠組み
    2.4.2 交通計画にたずさわる国の諸機関
    2.4.3 交通計画にたずさわる地域組織
    2.4.4 交通整備・規制にたずさわる組織
    2.4.5 利用しやすい交通の整備
    2.4.6 交通計画のプロセス
    2.4.7 交通の財源

第3章 人口・雇用および自動車保有率

  3.1 ゾーン別面積

  3.2 人 口

  3.3 人口密度

  3.4 人口の推移

  3.5 人口の年齢構成

  3.6 雇 用

  3.7 自動車保有率

第4章 交通システムの構造

  4.1 公共交通と道路の現状

    4.1.1 ロンドン
     4.1.1.1 ロンドンの地下鉄
     4.1.1.2 ロンドンの地域鉄道
     4.1.1.3 ロンドンのバス
     4.1.1.4 ロンドンにおける他の公共交通機関
     4.1.1.5 ロンドンの道路

    4.1.2 ニューヨーク
     4.1.2.1 ニューヨークの地下鉄
     4.1.2.2 ニューヨークの地域鉄道
     4.1.2.3 ニューヨークのバス
     4.1.2.4 ニューヨークにおける他の公共交通機関
     4.1.2.5 ニューヨークの道路

    4.1.3 パ リ
     4.1.3.1 パリの地下鉄
     4.1.3.2 パリの地域鉄道
     4.1.3.3 パリのバス
     4.1.3.4 パリにおける他の公共交通機関
     4.1.3.5 パリの道路

    4.1.4 東 京
     4.1.4.1 東京の地下鉄
     4.1.4.2 東京の地域鉄道
     4.1.4.3 東京のバス
     4.1.4.4 東京における他の公共交通機関
     4.1.4.5 東京の道路

  4.2 地下鉄および地域鉄道
    4.2.1 インフラ
    4.2.2 サービスの頻度
    4.2.3 混雑度
    4.2.4 正確性と信頼性

  4.3 バ ス
    4.3.1 ネットワークと運行の特性
    4.3.2 サービスの質

  4.4 道 路
    4.4.1 高速道路
    4.4.2 交通事故

  4.5 交通インフラ計画
    4.5.1 ロンドン
    4.5.2 ニューヨーク
    4.5.3 パ リ
    4.5.3 東 京

  4.6 移動のパターン
    4.6.1 都心部に向かう移動
    4.6.2 大都市部の中での移動
    4.6.3 OD表

  4.7 国際社会との結びつきと空港へのアクセス
    4.7.1 空港へのアクセス
    4.7.2 空路による接続性

第5章 結 論

  5.1 なぜ比較が必要か
    5.1.1 共通の目標
    5.1.2 共通の長所

  5.2 交通と土地利用の統合
    5.2.1 活気ある高密な都心の維持
    5.2.2 非中核的機能の分散
    5.2.3 住宅,業務,サービス機能の交通結節点へのクラスター状の集積
    5.2.4 田園地帯の保全
    5.2.5 徒歩と自転車
    5.2.6 四都市において交通計画と土地利用計画を改善する方策

  5.3 交通システムにおける最適効率
    5.3.1 道路網および公共交通網における混雑へのとりくみ
    5.3.2 公共交通の改善
    5.3.3 交通の運営と計画
    5.3.4 自動車利用のコントロール
    5.3.5 交通整備にあたって検討すべき方策

参考文献