ホーム > 書籍販売 > 都市問題研究叢書 > 目次
書籍販売
おすすめの本
ご注文について
月刊誌『都市問題』
バックナンバー
定期購読のお申し込み
投稿論文の規定
「都市問題」公開講座ブックレット
都市調査報告
都市問題研究叢書
単発刊行物
後藤新平生誕150周年記念関連
創立記念出版物
図書・雑誌論文検索(OPAC)
デジタルアーカイブス
東日本大震災の情報
お買い物かごを見る
書籍販売

(11)膨張する東アジアの大都市 〜その成長と管理〜

 
(11)膨張する東アジアの大都市 〜その成長と管理〜

編者:三宅 博史・五石 敬路

2007年11月10日,A5判,288頁,定価3,888円(税込)/本体3,600円

ISBN978-4-87791-174-4

発行所:株式会社国際書院

 

<目次>

 序 章
 第1節 問題の所在
 第2節 都市の膨張とその社会的影響
 第3節 不動産のバブル対策
 第4節 都市の再開発とコミュニティの対応

I 東京大都市圏政策の変遷とその課題
  首都圏基本計画を中心に
 はじめに
 第1節 東京圏の人口・諸機能の集中と拡大
 第2節 集中・拡大に伴う都市問題
 第3節 東京大都市圏政策の変遷―首都圏基本計画を中心に
 第4節 東京大都市圏政策の課題と展望

II 上海における住宅制度の改革
  公有住宅の改革、 住宅共同基金制度、 および「政策保障型住宅供給システム」の構築をめぐって
 第1節 研究目的と内容構成
 第2節 計画経済体制下における「福祉型住宅現物分配制度」の位置づけ
 第3節 1978年以降期における「公有住宅」改革のステップ
 第4節 「住宅共同基金制度」と「政策保障型住宅供給システム」の構築
 第5節 結論

III 都市成長の管理と不動産保有税
  固定資産税を中心として
 はじめに
 第1節 不動産保有税の基幹税としての固定資産税
 第2節 地価対策と不動産保有税
 第3節 バブル期における地価高騰と不動産保有税
 小 括

IV 不動産租税制度改革に対する小考
 はじめに
 第1節 不動産関連租税制度の変遷
 第2節 不動産関連租税制度の税目別変遷過程
 第3節 不動産関連租税制度の課題

V 韓国地方財政調整制度の現況と改善課題
 はじめに
 第1節 韓国地方財政の現況と課題
 第2節 韓国地方財政調整制度の役割と問題点
 第3節 韓国地方財政調整制度の発展方向

VI 東京の町内会
  その概観と展望
 はじめに
 第1節 町内会をめぐる議論の概観
 第2節 東京の町内会
 第3節 町内会はどうあるべきか

 
VII 韓国の末端地方行政単位における地域社会団体のあり方
 はじめに
 第1節 邑・面・洞
 第2節 洞の行政区画
 第3節 洞レベルの地域社会団体等
 第4節 政治行政と住民の間の橋渡し役

VIII 移行期の都市社会における社会的資本の蓄積
  上海におけるコミュニティ・ガバナンス政策の再設計
 はじめに
 第1節 下からつきつけられた試練の発生源
 第2節 コミュニティに基盤を置いたガバナンスを目指して
 第3節 社会的資本蓄積に対する含意
 小 括

<執筆分担>
五石敬路 東京市政調査会主任研究員  序論
三宅博史 東京市政調査会研究室長  I
陳  雲(Chen Yun) 復旦大学国際関係與公共事務学院副教授  II
高井 正 東京市政調査会主任研究員  III
イム・ジュヨン(Lim Ju?Young) ソウル市立大学税務学科・大学院副教授  IV
オ・ヨン(Oh Yoon) ソウル市立大学税務学科・大学院助教授  IV
ユ・テヒョン(Yoo Taehyun) ソウル市立大学地方税研究所研究第2部長  V
川手 摂 東京市政調査会研究員  VI
神長 唯 東京市政調査会研究員  VI
姜 再鎬(Kang Jaeho) 釜山大学副教授  VII
劉 春栄(Liu Chunrong) 復旦大学国際関係與公共事務学院講師  VIII