ホーム > 調査研究 > 調査研究活動の紹介
調査研究
調査研究活動の紹介
自主共同調査
受託調査
個別研究
研究員とその活動
都市問題公開講座
シンポジウム
全国都市問題会議
藤田賞
研究員の公募
図書・雑誌論文検索(OPAC)
デジタルアーカイブス
東日本大震災の情報
調査研究活動のご紹介

 本財団の研究部は、設立以来、都市問題・地方自治に関する調査・研究を続けてきました。現在、調査研究活動としては、「自主共同調査」「受託調査」「個別研究」の3つに大別されます。

自主共同調査について

 本財団独自の都市調査であり、1972(昭和47)年度以降、ほぼ毎年実施してきています。地方分権改革、アジア地域のグローバル化の進展のなかで、都市政策に資することを目的として適切なテーマを取り上げ、その成果は出版物(「都市調査報告」、「都市問題研究叢書」など)で公刊しています。

受託調査について

 東京都をはじめ、都市問題や地方自治に関連する諸機関からの委託を受けた調査・研究で、その成果は、都市問題・地方自治に関する基礎調査研究として委託機関に提供されています。

個別研究について

 研究員がそれぞれ都市問題・地方自治に関連する独自のテーマをもっ て行う研究であり、その成果は、本財団の機関誌である『都市問題』誌上 への掲載や「リサーチ・ペーパー」として公刊しています。