ホーム > シンポジウム > バックナンバー > 日中韓における都市社会の高齢化 - その対策と課題
シンポジウム
現在受付中のシンポジウム
バックナンバー
図書・雑誌論文検索(OPAC)
デジタルアーカイブス
東日本大震災の情報
シンポジウム

過去開催のシンポジウム

(公財)後藤・安田記念東京都市研究所 国際シンポジウム
日中韓における都市社会の高齢化 - その対策と課題

 日本は世界史上まれにみるスピードで高齢化が進んでいますが、実は、東アジアの他の国でも、今後急速な高齢化の進展が確実視されています。
 韓国は日本と同様少子高齢化が進み、中国の都市部では、一人っ子政策や、戸籍による人口移動の制限から、今後、高齢者人口の急速な増加が懸念されています。そこで、本シンポジウムでは、日中韓の専門家を集め、各国の現状と課題を報告して頂き、来るべき、東アジアにおける都市の高齢化への対策を議論したいと思います。

主催:財団法人 東京市政調査会

協賛:韓国ソウル市立大学租税財政研究所、中国復旦大学日本研究センター

開催日 2010年12月 7日(火)9:30〜17:00
会場 JICA研究所 2F 国際会議場
(〒162-8433 東京都新宿区市谷本村町10-5)

9:30  開会式

<セッション1>(9:45〜)
五石 敬路(東京市政調査会主任研究員) 「高齢者の貧困とユニバーサル・サービス」
陳 雲(復旦大学国際公共政策学院長,副教授) 「流動革命と都市「群租」現象研究」
李 相信(ソウル市立大学税務専門大学院教授,租税財政研究所研究委員) 「高齢化と税法」
・コメント及び討論

<セッション2>(13:00〜)
吉清 雅英(東京市政調査会研究員) 「東京におけるバリアフリーなまちづくり」
任 遠(Deputy Director of Institute of Population Research, Fudan University)
Productive Aging and Human Resources Exploitation of the Elderly Population
・コメント及び討論

休憩10分程度

<セッション3>(14:30〜)
新藤 宗幸(千葉大学法経学部教授) 「高齢型社会における都市行政の課題」
朴 奇白 (ソウル市立大学税務専門大学院教授,租税財政研究所研究部長) 「高齢化と所得分配」
王 桂新 (復旦大学)
・コメント及び討論

16:30 閉会式

※ 同時通訳つき
敬称略